急ぎで家族葬を行う時の注意ポイント

家族葬は一般的なお葬式とは異なり、友人や知人を呼ばないケースや親しい人のみを数人だけ呼ぶというケースがあります。そのためいくつか注意する点があります。葬儀が終わった後で、訃報を知った人が自宅にお悔やみを述べに来てくれるため、週末の度に対応に追われてしまうケースがあります。また葬儀に呼ばなかった人から、呼ばれなかったことに対して、クレームが来るケースもあります。このようなトラブルを避けるためには、逝去のお知らせをする時に、故人の遺志などの事情によって家族葬を執り行うため、参列を遠慮いただく旨を葬儀前に伝える必要があります。しかし急ぎで家族葬を執り行った時には、そのような時間が取れないため、葬儀後に速やかにハガキなどでお知らせする必要があることを覚えておくとよいでしょう。

家族葬を急ぎで執り行うための情報

家族が亡くなった時には葬儀を手配する必要がありますが、急な逝去の際には、平静でいられない方が多いため、各所に連絡する手配が漏れてしまうことや遅れが発生してしまいます。家族葬や一般的な葬儀を扱っている葬儀会社は、一般的には24時間年中無休でいつでも連絡を取ることができる体制がとられています。万が一の際は、まず葬儀会社に連絡をすることで、その後どのような対応をすればよいのかを的確に指示してもらうことができます。急ぎで家族葬を執り行いたいなどの要望を伝えれば、ある程度のプランを提示してもらえます。葬儀のプランではセットプランが主な内容となっていますが、金額には開きがあります。葬儀会社に全て任せてしまうと、高額な料金を取られてしまうこともあるため、注意する必要があります。

家族葬を急ぎで執り行う時に必要なもの

家族葬を急ぎで執り行いたい時には、葬儀会社に早急に連絡する必要があります。その時に逝去した場所によって、家族葬を執り行うために必要となるものが変わってきます。まず病院で逝去した場合は、医師からの死亡診断書を受け取り、近親者や菩提寺がある方は連絡を行います。自宅や施設で逝去した場合は、医師からの死亡診断書を受け取り、近親者や菩提寺へ連絡を行いますが、突然死の際は警察への連絡が必要となります。その際は、死亡診断書もしくは死体検案書を受け取り、近親者や菩提寺へ連絡を行います。遺影に使用する写真や印鑑の用意も必要となりますが、家族が逝去した時は落ち着いた行動はとれないものです。そんな時は、葬儀会社の方に流れを確認しながら、一つずつ必要なものの手配をしていきましょう。