家族葬を急ぎで行うための費用を解説

家族葬は親族や知人、親しい友人の小規模で行なう葬儀のことを言います。家族葬が選ばれる理由には、故人は高齢なため友人が少なく参列人数が少ないということが言えます。葬儀に関する意識調査では、自身の葬儀は簡素で執り行って欲しいという希望が多いという背景も、家族葬を選ばれる背景となっています。家族葬には従来の大規模な葬儀にはないメリットがあり、費用を抑えることが可能です。突然の別れで急ぎの葬儀が必要となる場合でも、家族葬であれば準備に時間をかけることなく故人を見送ることができるのもメリットと言えます。メリットが多い家族葬ですが、気をつけなくてはいけない点もいくつかあるので、忘れず確認をしておくことが大切です。急ぎの葬儀を行なう際に用意しなくてはいけないことや心構えなどの情報をお教えします。

急ぎの家族葬が必要な人向けの情報

全国にある葬儀屋の大半は、家族葬の依頼電話を受けると寝台車で病院、老人ホームなど、どんな場所にも早急に駆けつけてくれます。自宅での安置場所確保が困難な場合には、葬儀屋の安置場所を利用することができるので心配無用です。その後、専用のスタッフと共にこれから先の流れを確認する作業になります。故人を安らかに安置できる場所が確保できたら、次は故人の遺影となる写真と死亡診断書に捺印する印鑑が必要になります。死亡診断書の提出はだいたいの葬儀屋が行ってくれるので、印鑑のみ準備すれば特に問題ありません。その際にシャチハタは不可となるので気をつけましょう。急ぎで葬儀の準備が必要となるのは昼夜を問いません。よって葬儀屋にもよりますが、24時間いつでも依頼受付をしている葬儀屋が最適と言えます。

家族葬を急ぎで執り行う際にかかる費用

家族葬にかかる費用は、A社は30万程度なのにB社は50万円と価格差を目にすることがあるかと思いますが、これは、葬儀屋によって家族葬にかかる費用に含まれていない別途費用や追加料金が発生するためです。後々のトラブルとならないためにも費用に含まれている内容をしっかり熟読し、不必要な物や今後必要となる物など、担当するスタッフに相談することが大切です。急ぎの家族葬プランもいくつか用意されているので、プランの中から最適となる物を選ぶことが重要です。葬儀では急ぎや一般に関わらず、僧侶にお布施を渡すのが昔からのしきたりとなっています。ですが、宗派によって金額は異なるので自身の宗派を知っておくことが必要です。お布施は一般的に10万円から20万円が相場となっていますが、経済事情によっては考慮していただけので、恥ずかしがらずお寺様に相談されることをおすすめします。