家族葬を急ぎで行いたい人のための基礎知識

家族葬とはご家族や親しい友人で故人を見送りする、比較的小規模でのご葬儀のことです。しかし家族しかお葬式に参列できないというわけではなく、親族や故人の親しい友人や他に故人の死を悲しまれている方であれば誰でもご参列していただいてもよいお葬式です。近年では核家族化したこともあり、こういった小規模な形式でお葬式を営むスタイルもだんだん増えてきました。意にそぐわず急ぎでご葬儀を行うことになった場合には、ご家族の気持ちの整理も付かずに、ご葬儀の段取りなどを考えることもできない場合も多いことでしょう。そういう場合には、誰か頼りになる方に間に入っていただいたりしながらなるべく落ち着いて冷静な目になり、地元に密着した実績のある業者選びをして、納得がおけるご葬儀ができるようにしましょう。

家族葬を急ぎで設定する時でも納得のいくお式になるよう心がける

家族葬を急ぎで行う場合の流れとしては、故人が亡くなった場所によっても若干違いますが、ご自宅の場合にはかかりつけのお医者様へ連絡して死亡診断書をまず作成する必要があります。かかりつけのお医者様がいない場合には、警察か消防署へ届けでます。そして病院の場合には、死亡診断書作成と入院の費用の精算などをすることになります。そして葬儀業者に頼んで会館やご自宅に故人を安置していただき、お葬式の打ち合わせや日程や内容を業者と相談することになります。家族葬というスタイルを取るにしても、納得のいくご葬儀を行う事が故人にとっても大切なことなので、関係者一同でよく話し合いましょう。また葬儀にご用意いただく物として遺影写真用のお写真が必要ですので、個人のお人柄に合った素敵なお写真を選びましょう。

家族葬を急ぎで行う前に重要事項の確認はきちんとしましょう。

家族葬をもしも急ぎで行わないといけなくなったとしても、24時間対応の業者もありますのでこちらのニーズに答えてくれることも多いでしょう。近年では諸事情で小規模のお葬式になることも多いので、いきなりのことで必要最低限の用意になってしまい、慌ただしい準備だとしても、送り出す方々の心がこもっていれば大丈夫なのです。またお葬式にかかる費用も業者によって様々ですし、オプションなどによっても変わってきますので、たとえ急ぎでのお葬式だとしてもその点だけは後で誤解が生じないように、きちんと確認しておくことが大切です。家族葬はご家族とか親戚の間で子規模に行うことが多い葬儀ですが、故人と繋がりが深かった人にもお声がけできる状況であれば、故人のためにもお知らせして、ご一緒にお見送りしましょう。